データシート

RUCKUS T710

デュアルバンド 4X4:4 802.11ac Wave 2 屋外 Smart WiFi AP

業界最高のパフォーマンスを誇る
802.11AC WAVE 2標準
MU-MIMOによる複数クライアントとの同時通信
RF周波数帯域の使用効率が向上
Wave 2以外のクライアントでもネットワーク効率とスループットが向上
受信感度とパフォーマンスの安定性が向上
アダプティブ偏波ダイバーシティ
デュアル偏波アンテナ
強固なDFSおよびスペクトル分析機能
WIFI干渉軽減
最大15dBの干渉軽減
周囲のAPとの同一チャネル間干渉を最大50%低減
全チャンネルの統計的なリアルタイムキャパシティ分析によってパフォーマンスが最良になるチャンネルを自動選択
理想的な高パフォーマンス屋外アクセスポイント
街灯、交通規制設備、ストリートファニチャーにすばやく簡単に取り付け
産業用グレードIP-67高耐性エンクロージャー(-40°C~+65°C)
Smart Mesで煩雑なイーサネット配線に関連するコストと時間を排除
SFPファイバーやギガビットイーサネットなどの柔軟なバックホールインターフェイス
ラッカスの高キャパシティ、高パフォーマンス4ストリーム802.11ac Wave 2屋外AP
RUCKUS T710はラッカスの特許取得技術とクラス最高の産業用グレードデザインを次世代802.11ac機能と統合し、厳しい高密度屋外環境での導入において、業界最高レベルのWiFiパフォーマンス、安定性、そしてカバレッジを提供します。
BeamFlex+アダプティブアンテナを搭載したT710は、アンテナのカバレッジをクライアントごとかつトランスミッションごとに最適化することにより、パフォーマンスと信号到達範囲が、格段に向上します。BeamFlex+はまた、WiFi信号を近くのアクセスポイントに向ける代わりに必要な場所に誘導することによって、同一チャネル干渉を軽減します。T710のBeamFlex+アダプティブアンテナシステムは、デュアル偏波アンテナを搭載、アクセスポイントはクライアント機器の物理的な向きに適応し、アップリンクパフォーマンスを最大化します。
T710はスタンドアロンのAPとして、もしくはコントローラー型ワイヤレスLANの一部として導入できます。
T710は、GPSやセキュアな画像ダウンロードなどの産業用グレード機能に対応するため専用設計されています。また、SFPファイバーインターフェイスも備えられており、コンバーターを追加せずに、ファイバーバックホールにシームレスに接続できます。T710は、イーサネット接続によってリンク集約制御プロトコル(LACP)に対応し、バックホールスループットを最適化します。
T710は、高密度の使用とインターフェイスを特徴とする動的な屋外環境で、比類のないパフォーマンス、機能、カバレッジを確保するために専用設計されています。
理想な使用例には、公共の屋外ホットスポット、スマートシティ、HD IPビデオなどデータ量の多いストリーミングマルチメディアアプリケーションのサポートが必須の企業および学校の屋外カバレッジが含まれます。

機能

802.11acマルチユーザーMIMO(MU-MIMO)
デュアルバンド(5GHz/2.4GHz)同時対応
最大2,533MbpsのPHYレート(5GHzで1733Mbps、2.4GHzで800Mbps)
BeamFlex+(PD-MRC)スマートアンテナによる4,000以上の固有アンテナパターンで、最高5dBの追加利得と最高15dBの干渉軽減
アンテナオプション: 全方向アンテナおよび120x30度セクターアンテナ
最小-104dBmの比類ないRx感度
最大比合成(MRC)の向上で同等クラスで最高の受信感度を実現
802.11ac標準Txビームフォーミング
時空ブロック符号化でハンドセットのパフォーマンスを強化
低密度パリティチェック(LDPC)により全信号範囲のデータスループットを増大
5GHzと2.4GHzで256-QAM対応
従来の802.11クライアントと下位互換
専用のデュアルバンドRFモニターで、パフォーマンスを向上させながら、「待ち時間なし」のDFS機能を提供
10/100/1000イーサネットポートx2
LACP(リンクアグリゲーション制御プロトコル)対応で両方のイーサネットポートを使用してバックホールのバンド幅を最大化
SFPファイバーインターフェイスでファーバーへ柔軟にバックホール
AC電源入力(100-250VAC、50/60Hz)
802.3at(PoE+)PoE入力モードでの運用
デイジーチェーン、および追加のメッシュAPやIP監視カメラなどその他の機器への給電に便利な802.3atPoE出力給電側機器(PSE)モードでの運用
IP67規格、-40°C~+65°C
ロケーションアプリケーション用の内蔵GPS
内蔵ウォールまたはポールマウントで簡単に設置
スタンドアロンまたはコントローラ型での導入
セキュア画像ダウンロード–プラットフォームのセキュリティを強化
マルチキャストIPビデオストリーミングサポート
クライアントステーションごとに4つのQoSキュー
一意のQoSとセキュリティポリシーを持つ、無線ごとに最大16個のBSSID*
RADIUSとADのWPA-PSK(AES)、802.1Xサポート*
Dynamic PSK*
アドミッションコントロール/負荷分散*
バンドバランシング
キャプティブポータルおよびゲストアカウント*
* 管理付きで使用する場合。

特許取得BEAMFLEX+技術により、信号範囲が拡張され、クライアントの接続状態の安定性が向上

T710に搭載される、特許取得されているソフトウェア管理型アダプティブアンテナにより、無線チェーンごとの信号利得が増加します。BeamFlex+はクライアントの場所とアンテナ偏波に適応し、パケット単位でクライアントへの無線シグナルを最適化します。これにより、パフォーマンスが格段に向上するとともに、干渉と障害物の影響を自動的に軽減する事ができるためパケット損失も減少します。BeamFlex+とPD-MRC(偏波ダイバーシティ)により、T710はすべての偏波を同時に待ち受けます。その結果、送信機能が弱いモバイル端末からの送信に対しても、非常に大きな受信信号利得を得ることができます。

マルチユーザーMIMO(MU-MIMO)

802.11ac MU-MIMOにより、T710は複数の空間ストリームを複数のクライアント機器に同時に送信できるため、ワイヤレスネットワーク全体のスループットとキャパシティが増加します。T710は、空間再利用として知られるMU-MIMO技術を使用して、最大3台のクライアントに、それぞれに専用の完全な帯域幅を持ったチャンネルを提供します。この機能にはいくつかの利点があります。
利用可能なスペクトルを効果的かつ効率的に使用することでネットワーク全体のキャパシティが増加、モバイルWiFiクライアント、高解像度ビデオストリーミングなど大量のデータ通信を必要とするアプリケーションや増え続けるデータ需要に応えることができます。また、従来のWiFiと異なりMU-MIMOではクライアント機器が他のクライアントと接続をタイムシェアする必要がないため、各デバイスの待ち時間が少なくなり、ネットワークの応答性が全体的に向上します。RF効率の向上によってWave 2以外のクライアント用のキャパシティが増加するため、従来型のクライアントもMU-MIMOの恩恵を受けることになります。

高度なWLAN機能

T710をラッカスSmart WLAN管理システムに接続して使用すると、ゲストネットワーキング、Dynamic PSK、ホットスポット認証、ワイヤレス侵入防止、その他広範な付加価値機能に対応可能です。WLANを特定のAP別にグループ化または共有することも可能です。コントローラ型構成では、T710はAD、LDAP、RADIUSなどのさまざまな認証サーバーと連携して動作します。
特性
電源
AC入力: 100-250Vac、50/60Hzx
PoE: 802.3at
サイズ
31.7センチ(L)、24.1センチ(W)、9.5センチ(H)
重量
6.5ポンド
RF
アダプティブアンテナアレイ: 4,000以上の固有アンテナパターン、偏波ダイバーシティ
最大送信電力: 2.4GHzで28dBm、5GHzで28dBm
物理的アンテナ利得: 全方向-3dBi(2.4および5GHz)
BeamFlex SINR Rx利得: 最大6dB
BeamFlex SINR Rx利得: 最大3-5dB
干渉軽減: 最大15dB
最小 Rx感度: -104dBm
イーサネットポート
2イーサネットポート、自動MDX、自動検出、10/100/1000Mbps、RJ-45
Power over Ethernet(802.3at)、カテゴリ5/5e/6ケーブル
Power over Ethernet(802.3at)出力、カテゴリ5/5e/6 ケーブル
リンクアグリゲーション(LACP)
ファイバーバックホール用のSFPポート
環境条件
動作温度: -40°F(-40°C)~149°F(65°C)
動作湿度: 最高95%結露しないこと
消費電力
PoE出力非使用時-
5.5W(最小)
10.4W(標準)
ピーク時25W
パフォーマンスとキャパシティ
データ速度
最大800Mbps(2.4GHz)
最大1733Mbps(5GHz)
同時ステーション数
最大512
同時VoIPクライアント数
最大30
ネットワークアーキテクチャ
IP
IPv4、IPv6、デュアルスタック
VLAN
802.1Q(BSSIDごとに1個、またはRADIUSベースの場合はユーザごとに動的設定)
ポート単位
有線ポート用802.1X
オーセンティケータ
サプリカント
トンネリング
L2TP
マルチメディアとQoS
802.11e/WMM
対応
ソフトウェアキュー
WLAN優先順位ごと(2)、トラフィックタイプごと(4)、クライアントごと
トラフィック分類
自動、ヒューリスティック、およびTOSベースまたはVLAN 定義
レートリミッティング
動的ユーザーごと、または、WLANごと
管理
導入オプション
スタンドアロン(個別管理)
コントローラー型
Wi-Fi
規格
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
サポートされるデータ速度
802.11ac: 29.3Mbps ~ 1733 Mbps (80MHz)
802.11n: 6.5Mbps ~ 216.7Mbps (20MHz) 13.5 Mbps ~ 800Mbps (40MHz)
802.11a: 54、48、36、24、18、12、9、6 Mbps
802.11b: 11, 5.5, 2 および 1Mbps
802.11g: 54、48、36、24、18、12、9、6 Mbps
無線チェーン/ ストリーム
4x4:4
MIMO
SU-MIMO ̶ 最大 4 ストリーム
MU-MIMO ̶ 最大 3 ストリーム
チャネライゼーション
20 MHz、40 MHz、80 MHz
周波数帯
IEEE 802.11ac: 5.15 ~ 5.85GHz
IEEE 802.11a/n: 5.15 ~ 5.85GHz
IEEE 802.11b: 2.4 ~ 2.484GHz
BSSID
最大 16 (2.4GHz)
最大 16 (5GHz)
省電力
対応
認定 *4
WEEE/RoHS 準拠
EN 60601-1-2 医用
WiFi アライアンス認定
UL 2043 プレナム定格
地下鉄および鉄道証明書
EN50121-1 EMC
EN50121-4 Immunity
IEC 61373 Shock & Viby
* WiFi アライアンス認定申請中
*1
最大電力は国の設定、バンド、MCS レートに応じて異なります。
*2
BeamFlex+ 利得は統計的なシステムレベルの効果値 (TxBF も含む) をこの SINR の増幅値に換算したもので、複数の AP と多数のクライアントで構成された実際の環境条件における長期的観測値を基準とします。
*3
Rx 感度はバンド、チャンネル幅、MCS レートに応じて異なります。
*4
最新の国別利用可能製品については、価格一覧をご覧ください。
CommScopeは、人類の発展を促進する画期的なアイデアや発見により、通信の限界を押し上げる取り組みを続けています。当社はお客様や提携企業と協力し、世界で最も高度なネットワークを設計し、構築しています。次世代のチャンスを捉え、よりよい明日を築くことが、当社の理念であり、目標です。詳細は、commscope.comをご覧ください。
詳細は当社ウェブサイトをご覧いただくか CommScope営業窓口までお問い合わせください。
© 2020 CommScope, 無断複写・転載を禁じます。
®や™のマークがついた商標はすべて CommScope, Inc.の登録商標または商標です。本書はプランニングを目的としてのみ作成され、CommScopeのいずれの製品またはサービスに関する仕様や保証を変更または補完するものではありません。 CommScopeは、ISO9001、TL9000、ISO14001などの国際規格に従って承認された、世界中にある CommScopeの数多くの施設で、ビジネスの完全性および環境持続性に関する最高度の規格を採用しています。
CommScopeの取り組みに関する詳細はこちらでご覧いただけます。www.commscope.com/About-Us/Corporate-Responsibility-and-Sustainability